TFD Recruitment 2020

Menu 説明会申込/ENTRY

女性営業職インタビュー

どんな先輩が働いているんだろう。私にもできるかな。TFDで活躍している女性営業職の先輩たちがそんな疑問を解決してくれます。

no.04 M.I

2017年入社 営業部
国士舘大学 法学部 法律学科卒業

自分の性格を一言で

楽天的

Q.01どんな大学時代を過ごしましたか?

大学時代は、アルバイトして稼いでは旅行に行くといったことをくり返していました。サークルは、フリーペーパーを制作するサークルと、サバイバルゲームを楽しむサークルに所属。サバイバルゲームは、社会人になってからも時々行っています。非日常的な体験ができますし、体を動かせるので良いリフレッシュになっています。

Q.02就職活動中はどんな業界を受けていましたか?

就職活動を始めるまで、就職に関して真剣に考えたことはありませんでした。でも、「せっかく就職するなら稼ぎたい」と思い、金融業界や不動産業界を中心に活動していました。

Q.03TFDに入社を決めた理由を教えてください。

TFDに興味を持ったきっかけは、インターンシップに参加したことです。女性の先輩社員とお話しする機会をいただき、自分が働いている姿を想像できたことが大きいですね。それに、年収やインセンティブを明示してくれたことも安心感につながりました。

Q.04嬉しかった瞬間について教えてください。

初契約を、5月に取ることができたことです。そのおかげで1年目から報奨旅行、社員旅行に参加することができました。旅行には活躍している先輩ばかりが参加しているので、色々な話を聞いたり、貴重な経験ができてうれしかったです。

Q.05印象的に残っている出来事はありますか?

報奨旅行が決まった時に、他部署の先輩からも「おめでとう」とメッセージをいただいたことが印象に残っています。ずっと気にかけてくれていたことがうれしかったですね。

Q.06どんな時にやりがいを感じますか?

電話によるアポイントの獲得は大変そうに感じるかもしれませんが、私は結構楽しんでいます。就職活動中は自分が本当にこの仕事に向いているのかどうか自信が持てずにいましたが、自分はこの仕事は向いているかもしれない、と最近思います。お客様も優しい方が多いですし、中には「君だから契約したんだから辞めないでね」。と言ってくださるお客様もいます(笑)。迷っていた過去の自分に、飛び込んでみて本当に正解だったよ。と伝えたいです。

Q.07女性の目線でTFDを見たとき、どんなところに働きやすさを感じますか?

入社する前は「不動産業界」と聞いたら、体育会系のような雰囲気の職場を勝手に想像していました。でも、この会社にはそうした熱すぎる雰囲気や厳しすぎる上下関係はありません。「完全実力主義」だから、男女平等なのもいいですね。

Q.08TFDのどんなところが好きですか?

あと、仕事の進め方を自分で決められるのも気に入っています。営業先も自分で決められるので、気分を変えるために地方のお客様に営業をかけたり、反対に都内のお客様を選んでアポイントの電話をかけることもできます。金融や不動産の業界でありながら、日々の服装を厳しく規正されることがないのも、女性としてはうれしいですね。

Q.09休日は何をして過ごしていますか?

平日の仕事帰りは映画やネイル、ゲームなど、自分の好きなことをして過ごしています。休日はよく同期と旅行に行きますね。同期は友達であり、ライバルであり、良き相談相手。同期の活躍は刺激になりますし、結果が思うように出なくてつらい時は話をいっぱい聞いてもらっています。

Q.10今後の目標について教えてください。

今後の目標は、まずは年収1,000万円に到達すること。その先は上司や先輩の力を借りず、自分一人の力で契約を取れるようになること。結婚しても、この仕事を続けたいですね。