TFD Recruitment2018

Menu ENTRY

Interview


障がいの有無に
かかわらず、
一人ひとりと
向き合ってくれる。
K.N
事業部
2015年入社 中央工学校卒

障がいを意識することなく、頼れる建築のプロフェッショナルへ。

子供の頃から心臓に障がいを抱えるも、激しい運動以外は通常通りの生活を送る。専門学校では建築を専攻。入社後はマンションの建設用地の仕入れ、設計プランニングを担当し、現在は建築士や宅建の資格習得に向け、業務と並行して勉強に励んでいる。

Q. いま、就職活動を振り返って思うことは?

専門学校で学んだことを活かしたいと考え、建築関係の仕事に絞って探していました。通常の採用枠でも受けていましたが、心のどこかで「病気のことを伝えなくては…」という思いが引っかかっていたのかもしれません。TFDとの出会いは障がい者向けの合同説明会。建築関係の仕事ができ、かつ人事の人柄に魅力を感じて面接を受けることに。役員との最終面接で、「ここなら障がいの理解もあり、他の社員同様に働くことができそうだ」と心から思えたことで入社を決めました。

Q. TFDの働く環境や安定した経営基盤について?

TFDは社員一人ひとりをよく見てくれる会社だと思います。私の所属する部署では重要な判断を仰ぐ案件も多く、代表取締役である社長に直接プレゼンテーションする機会も珍しくないのですが、そういう時は社長自ら若手の私にプランニングの指導をしてくれたり、会社のビジョンを語ってくれたり。とても貴重な経験を積ませてもらっています。また、会議が少なく、日々の会話の中で物事を進めていくのもTFDの特長。障がいを持つ私の働き方に関しても、特別扱いするのではなく、お互いのコミュニケーションの中で確認しあいながら、最良の働き方を一緒に考えてくれます。

TFDの説明会に行くと?Company information session

障がいのある方も、興味のある企業には積極的に行くべきです。とくに、TFDは障がいについての理解が十分にある会社なので、建築や不動産と関わる仕事を探している人は足を運んでみてください。相談に乗ってくれるはずです。

REAL TFD説明会について詳しくみる >

PRIVATE

TFD社員の休日は、夫婦でゆったり過ごしたり、ジムに通って体を鍛えたり、社員同士でBBQしたりと、
仕事も全力だけど、プライベートも全力。何でも本気で楽しみます!

同期飲み
社員旅行
(隣にいるのは常務で真ん中は社長です(笑))
学生時代の作品