TFD Recruitment2018

Menu ENTRY

Interview


若いうちから
稼げると、
生活にも心にも
ゆとりが生まれる。
Y.W
営業部
2014年入社 早稲田大学卒

クールに成績を伸ばし、年収額を増やしていく九州出身社員。

大学入学とともに上京。就職活動では、年収などの待遇面を基準に会社を探し、TFDと出会う。入社後は順調に成績を残し、年収を3年間で入社時の数倍までの金額に。プライベートではドライブを好む。

Q. いま、就職活動を振り返って思うことは?

大学時代は法学部に所属。法曹界や公務員を目指した時期もありました。しかし、自分の人生を考えた時に「本当に一生働くのだろうか」という疑問が生まれ、「だったら、若いうちから稼げる仕事をしよう」と不動産投資マンションの営業に挑戦することに。最終的にTFDに決めた要因は「業界最高水準のインセンティブ」です。「男性が多い職場」ということも気になりませんでしたね。TFDは評価も同等ですし、周囲がケアしてくれるという意味ではむしろ女性が働きやすい職場かもしれません。

Q. どうすれば「若いうちから稼げる」のですか?

「運です(笑)」というのは半分冗談で半分本気です。というのも、最初の頃はそう簡単に自分の力だけで契約が取れることはありません。上司にサポートしてもらいながら徐々に実力をつけていく必要があります。ただ、TFDの場合、その指導する上司の営業スタイル、マネジメントのやり方も多種多様なので、きっと自分に合う上司と出会えるはずです。ちなみに、私は本当に運良く、すぐ出会いました。別に、お金のためだけに働いているわけではありませんが、若いうちから稼げれば、自然と生活にも心にもゆとりが生まれます。ぜひ、挑戦してみてください。

TFDの説明会に行くと?Company information session

やはり「若いうちから稼げる」というのは、そのぶん「若いうちから仕事の厳しい一面も経験する」ということです。その部分は入社前からきちんと理解して入社してほしいですね。そのためにも、すべて話してくれる説明会は必ず行きましょう。

REAL TFD説明会について詳しくみる >

PRIVATE

TFD社員の休日は、夫婦でゆったり過ごしたり、ジムに通って体を鍛えたり、社員同士でBBQしたりと、
仕事も全力だけど、プライベートも全力。何でも本気で楽しみます!

報奨旅行 in シンガポール
社員旅行 in ドイツ
息抜きのネイル